blackjackもどきの医学メモ
日頃気になった医学的なことについて、まとめる予定です!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
低髄液圧症候群
低髄液圧症候群(脳脊髄液減少症)
http://npo-aswp.org/shinonaga2.html

最近わかり始めた病態です。原因不明の頭痛の一種とされていて、慢性疲労症候群と関連があるかも?!
スポンサーサイト
口腔病変アトラス
口腔病変アトラス
http://www.asahi-net.or.jp/medical/atras/index.html
じつは医師免許の国家試験では、口腔外科は出題されません。
でも実際に、口腔内の病気は、日常生活に大きく影響します。

このページは良い写真が多いと思います。ぜひ見てみてください。
神経:はじめの一歩
http://physiol.umin.jp/nerv/index.html
神経:はじめの一歩

神経生理学が簡潔にまとめてあります。基礎の勉強にはいいかも。
e-kampo
e-kampo
http://www.e-kampo.com/
漢方についてのページ。
mypacs.net
http://www.mypacs.net/repos/mpv3_repo/static/m/Home/
Radiology Teaching Files - MyPACS

簡単な登録をするだけで、いろんな画像を見ることができます。
難病情報センター
http://www.nanbyou.or.jp/
難病情報センター

121の難治疾患の情報を載せている。一般利用者向け情報もあり、わかりやすい。
Pediatric Radiology
https://www.cchs.net/pediatricradiology/
Pediatric Radiology

簡単な登録を行うと、レクチャーをうけられます。画像や動画が豊富でわかりやすい。ただし英語なのが難点。
わかりやすい白血病の話
わかりやすい白血病の話
http://pathy.med.nagoya-u.ac.jp/leukemia/leukemia.html

by
愛知県がんセンター 総長 大野竜三
岡崎市民病院 血液内科 市橋卓司
美容外科 美容整形の謎:美容WEB
美容外科 美容整形の謎:美容WEB
http://www.kirei.com/index.html


美容外科・美容整形Q&Aが載っています。参考になります。
最近では大学病院でも美容形成外科をはじめる所が出てきているみたいです。やはりもうかるからでしょうか?
どこまでが保険医療なのかはむずかしい所です。
病院探し
史上最強の医療機関検索エンジン ドクター・ナビ
http://www.doctor-navi.com/

病院検索サイト - 全国10万件以上のお医者さんガイド
http://www.10man-doc.co.jp/


最近は病院ランキングみたいな本もよく見かけます。このような本だけをみて病院を選ぶのはよくないとは思いますが、上記のサイトなどは、いざというときに役立つと思います。ぜひ、お気に入りに追加!
医学生理学教育シェアリンググループ
医学生理学教育シェアリンググループ

生理学の勉強になります。心電図はここで勉強しました。
バーチャル・パーキンソン病センター
バーチャル・パーキンソン病センター
http://neurology.web.infoseek.co.jp/

茨城県立医療大学付属病院神経内科によるページ。パ-キンソンについての理解が深まります。
chestx-ray
Chest X-ray

chestx-ray.com。胸部エックス線は読影が非常に難しい。
このサイトは、実際の人体の輪切りも一緒に載せてあるので、理解しやすいです。
肺の解剖。
縱隔の解剖。
メルクマニュアル
米国メルク社(日本では100%日本法人の万有製薬)が非営利目的のサービスとして無償で提供しているサービス。使えます!

メルクマニュアル家庭版←一般人向け
メルクマニュアル 第17版 日本語版←医療関係者向け。
ばーちゃる耳鼻咽喉科
ばーちゃる耳鼻咽喉科

九州大学医学部耳鼻咽喉科によるページ。かなり充実している。
症状から疑うべき疾患がわかるのが便利。
疾患の説明の最後に、
「すぐ耳鼻咽喉科へ。」
「あした耳鼻咽喉科へ。」
「来週耳鼻咽喉科へ。」
というふうに、緊急性を明記している。
たけしの本当は怖い家庭の医学
たけしの本当は怖い家庭の医学
http://www.asahi.co.jp/hospital/
毎週火曜8時~9時、朝日放送。

メディカル・ホラー・エンターテイメント番組(らしい)。おそらくこんなテーマの番組ははじめてだろう。最初に症例が提示され、病名と解説が続く。
そしてゲストの「○○病にかかりやすい人ランキング」が発表される。
全般的に、視聴者をおどし過ぎているイメージをうけるが、番組の内容はかなり正確。
毎週、症例提示を見て、何の病気か考えたりしています^^;
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。