blackjackもどきの医学メモ
日頃気になった医学的なことについて、まとめる予定です!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
結核に関する用語
結核に関する用語達。

カリエス・・・結核性脊髄炎の事。特に胸腰椎に好発。ちなみに歯医者でカリエスは虫歯のこと。

肋膜・・・肋膜は胸膜の旧称。「昔、肋膜をやった」というのは、昔結核性強膜炎を患ったという意味。

粟粒結核・・・血行性に結核菌が全身性に撒布されたもの。病理的に「粟」のような病変がみられるらしい。

巣門結合・・・炎症が気管支を介して中枢側に広がると、気管支壁肥厚をきたす。この気管支壁肥厚が病巣から肺門までつながったことを巣門結合という。

シューブ・・・肺結核の経過中に、経気道撒布による段階的急性増悪のこと。

中葉症候群・・・肺門リンパ節腫脹により閉塞性肺炎をきたしたもの。右肺中葉に多い。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blackjack2005.blog18.fc2.com/tb.php/19-f6198918
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。