blackjackもどきの医学メモ
日頃気になった医学的なことについて、まとめる予定です!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にがりとダイエットとマグネシウムと糖尿病。
にがりがブームみたいだ。

豆腐を作るのに使われるにがり。「にがりダイエット」という言葉も世間を騒がせた。にがりの主成分は塩化マグネシウムである。マグネシウムは下剤として病院でも使われている。

ちなみに「にがりダイエット」には根拠がない。

『にがりで本当にヤセるのか!?』
↑これは、某健康バラエティ番組のホームページである。ここでは、にがりはダイエットに効果があると結論づけている。しかし科学的にはぜんぜん根拠がない。まぁ科学的根拠を求めても仕方がない。所詮バラエティ番組なのだから。

しかしにがりのとり過ぎには注意しなければいけない。こちらを参照。死者もでているから要注意だ。

とまぁ、にがりとダイエットについてはこれくらいとして、にがりと糖尿病について話したい。

糖尿病者の血清マグネシウム濃度が低いことは非常に有名だ。1952年から報告されている。おそらく多尿のため体内のミネラルが外に出てしまうのだろう。その後、動物実験でマグネシウム補給がインスリン抵抗性をよくしたり、2型糖尿病の予防あるいは遅延に結びつき、マグネシウムの欠乏が高血糖を招くことも分かっている。

さらに、2型糖尿病者にマグネシウムサプリメントとして『にがり』を投与したところ、明らかにインスリン抵抗性(インスリンの作用が悪くなること)が軽減することが分かった。さらに中性脂肪値も下がったそうだ。

そもそもマグネシウムはどのような働きをするのだろうか?一言で言うと、体内の酵素のactivatorとして働くらしい。また、マグネシウムが少ないと骨粗しょう症もおこしやすくなる。

マグネシウムについての研究は、ほかの電解質に比べて遅れている。最近では輸液でもマグネシウム濃度を変えた、新しい輸液パックが開発されている。これからのマグネシウムの研究に期待。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blackjack2005.blog18.fc2.com/tb.php/23-a4557760
この記事へのトラックバック
ヨーグルゲン ヨーグルト味 30袋・にがりを摂取しすぎない・大塚製薬 サプリメント・痩身とにがりについてです水 ダイエット・「にがり」と「痩身効果」について・「にがり」と「痩身効果」・にがりはダイエットに効くのか・にがり配合サプリメントで痩せる・にがりの痩身効
2007/10/15(月) 04:26:43 | サプリメントの感動
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。