blackjackもどきの医学メモ
日頃気になった医学的なことについて、まとめる予定です!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
分子標的薬のまとめ。
薬剤名で~mabとあるのは、monoclonal antibodyの略。

薬剤名:リツキシマブrituximab
薬商品名:リツキサン
対象疾患:低悪性度又は濾胞性B細胞性非ホジキンリンパ腫・マントル細胞リンパ腫
標的:CD20
製造会社:中外製薬

薬剤名:インフリキシマブinfliximab
薬商品名:レミケード
対象疾患:関節リウマチ・Crohn病
標的:TNFα
製造会社:田辺製薬

薬剤名:イマチニブimatinib
薬商品名:グリベック
対象疾患:慢性骨髄性白血病(CML)・消化管間質腫瘍(GIST)でKIT(CD117)陽性のもの
標的:チロシンキナーゼインヒビター
製造会社:Novartis Pharma

薬剤名:bevacizumab
薬商品名:アバスチン
対象疾患:大腸癌・肺癌
標的:VEGF
製造会社:genentech社

薬剤名:ゲフィチニブgefitinib
薬商品名:イレッサ
対象疾患:肺癌
標的:EGFR
製造会社:アストラゼネカ社

薬剤名:トラスツズマブtrastuzumab
薬商品名:ハーセプチン
対象疾患:HER2過剰発現が確認された転移性乳癌
標的:HER2(EGF受容体)
製造会社:中外製薬
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blackjack2005.blog18.fc2.com/tb.php/25-bbdbbd8c
この記事へのトラックバック
 新しい抗がん剤が次々に登場し、標準的な治療がどんどん変わっている。なかでも薬が作用する部位を絞り込んだ「分子標的」といわれる薬が開発の中心で、血管新生を阻害する薬などが有望視されている。しかし海外で使われていても日本で保険適用になるまで時間がかかる.
2005/09/04(日) 15:49:54 | ケムステニュース~化学ニュースサイト~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。