blackjackもどきの医学メモ
日頃気になった医学的なことについて、まとめる予定です!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アレルギー、アナフィラキシーショック
アレルギー。よくきく言葉です。

Allergy = Allos + Erogen
もともとアレルギーという言葉はギリシャ語です。

Allos =変わる
Erogen =力

という意味らしいです。つまり、「何らかのきっかけで、反応性が変化してしまった病的な状態」、という意味。

史上最初のアレルギーは、エジプトのヒエログリフに記載されています。メネス王が蜂によって急死した話が書いてあります。おそらく蜂によるアナフィラキシーショックのことなのでしょう。

アナフィラキシーショックの発見は、20世紀初頭にまでさかのぼります。世界的なリゾート地であるモナコでは海水浴客が“電気くらげ”に刺される事故が相次ぎ、問題となっていました。1902年、事態を重く見たモナコの皇太子から対策法開発の依頼を受けたフランス人医師ポルチェとリシェは、くらげに触れた際に触手から注入される毒素が痛みを伴う水ぶくれの原因と考え、毒素に対するワクチンの開発を試みました。彼らは、くらげから毒素を分離し中和抗体ができることを期待して犬に毒素を注射する、という実験をしたところ、一回目の注射の際には何もおこらなかったのに2回目に注射すると抗体をつくるどころかショック症状をおこしてバタバタと倒れてしまう犬がいるのに気づいたのです。
モナコ
 やがて、同じような出来事が次々と見つかってきましたが、いずれにも共通することは特定の異物が体内に入ってきたとき初回には何もおこらないのに、同じ異物が二回目以降入ってきたときに明らかに反応性が異なる点でした。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
アナフィラキーショックについては初めて知りました。モナコ、きれいな国なんですね。私のモナコの知識といったら、面白画像の「各国の王子」くらいかも^^;
2005/09/10(土) 01:25:48 | URL | ささ #-[ 編集]
はじめまして。
モナコいってみたいですね~。バカンス~。ちなみに、各国の王子ってなんですか?^^;
2005/09/12(月) 02:11:28 | URL | blackjackもどき。 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blackjack2005.blog18.fc2.com/tb.php/35-148c5e43
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。